×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


河内長野原支部

河内長野上原に向かう途中、原の抜魂式が行われていました。
大屋根正面拝み懸魚
楠公決別櫻井の驛
 延元元年(1336)楠木正成は九州から京へ攻め上ってくる足利尊氏軍を迎え撃つため,討ち死に覚悟で正成は湊川に向かう途中、桜井の驛(大阪府三島郡島本町)で嫡子正行を呼び寄せ「そなたを河内へ帰すは、わしが討死したあと帝のため身命を惜しみ忠義の心を失わず一族朗党一人でも生き残り朝敵を滅ぼす事である」と形見として菊水の短刀を授け決別するのである。